蔵王名物紹介

蔵王温泉名物 稲花餅(いがもち)

一口サイズの可愛い稲花餅は、もち米とうるち米を練った餅の中に餡を入れ、天然の熊笹の葉に乗せた蔵王温泉の名物。
なお、この餅菓子は保存料や添加物は一切使用していないため、日持ちはいたしません、当日のうちにお召し上がりください。
もし硬くなった場合は、電子レンジで温めなおすか、衣をつけて天婦羅にしても美味しくいただけます。

蔵王温泉 冬の定番 玉こんにゃく

独特の歯ごたえが楽しめる山形の玉こんにゃく。串刺しにして、ぐつぐつと時間をかけて醤油味をしみ込ませた素朴な美味しさは、大人から子供までに愛されるロングヒットテイスト。
超低カロリーだから、ダイエットの気になる女性の強い味方。腹持ちも良いし、体もポッカポカ。

山形の名産 お蕎麦

昔は「腹押さえ」といった中間食として愛された蕎麦。
手打ちならではのコシのある歯ごたえとソバの風味は本場ならでは。温泉街には毎朝打ち立ての手打ちそばでお客さんをもてなすこだわりのお蕎麦屋さんもああります。
また、名産品の紅花を使用したお蕎麦を出してくれるお店もあります。